立つ鳥跡を濁さない転職時有給タイミング

転職が決まってからの有給消化はあまり効率的とは言えません。なぜなら、退職を伝えてから行われる引継ぎなどで自分が思っている以上に有給を消化するのが難しいからです。特にもともと有給がとりづらい職場は注意が必要です。

1.引継ぎを行う前にある程度有給を消化する

有給を効率的に消化するためにはどれくらいの期間にわたって有給を取得していくかの目安を決めることです。

区切りよく4月から新天地で働きはじめたい。夏や冬のボーナスをもらってから辞めたい。マンションの更新がちょうど1年後だから、それまでに新しい職場を決めて近くに引っ越したいなど。

仮に4月から新しいところに転職したいと考えているのならば半年ほど前から徐々に有給を消化し始めましょう。

転職先が決まってから有給をまとめてとろう。または、退職日1ヶ月ほどは有給消化をさせてくれるのが可能な職場もありますが。大体の職場は仕事の引継ぎが必須となります。

退職の意思を1ヶ月前に伝えたとしてそれから大慌てで引継ぎ資料を作り、引継ぎを行っていく。大急ぎの中で有給を消化していくというのはだいぶ難しいことがお分かりいただけると思います。

自分の有給算日数が多い場合は早め早めに仕事を調整して有給消化に力を傾けましょう。

2.面接を受ける際に有効活用

働いていない状態、離職期間を短くするには水面下での転職活動が必須になるかと思います。会社には告げずに転職活動をしている場合、面接に行くのも一苦労だと思います。

そこで有効活用できるのが有給です。多くの会社は採用面接を平日の就業時間に設定していることがほとんどです。
そのため、面接を受けに行くためには半休や全休を取ることが求められます。

もちろん定時後の面談もありますが、1日仕事をした上で残業も極力早めに切り上げて急いで面接に向かうだけで精神的な疲労は大きいです。

すべての面接に有給をとってとはいえませんが、なるべく面接の日を1日に設定して午前午後の2回に分けて2社の面談を受けるなどいかに転職活動を職場にばれずに行うかとても重要です。

<自分らしく働く>求人・転職情報サイト【はたらいく】

3.有給取得時の注意点

転職活動をされている方はまず他の社員に対して転職活動をしていることを悟らせることは避けたほうが良いと思います。その理由として職場での居心地の悪さです。

寿退職など大手を振って退職する場合は別ですが、転職を考えるのは多かれ少なかれ事情があることが考えられます。多くは職場での現状や給与面の不安、会社の将来性への不安などです。

職場の人間関係を考慮して退職の意思を約1ヶ月ないし2ヶ月前に伝えることが想定できます。人それぞれ退職理由はあると思いますが。

計画的に転職を決めているならば考慮したい点があります。それは「ボーナス」です。ボーナス査定が終わる前に退職の意を伝えると少なからずボーナス額にも影響を及ぼすと考えられます。

もちろん、ボーナスの査定などにも退職は関係してくるのでなるべくボーナスの査定が終わった後に退職の意思を伝えたいものですね。

上記のことから、退職を決意してから周りに悟らせないように徐々に有給を消化していくことがポイントになります。あまり急に何日も有給を消化していると退職しようとしているのがあからさまにわかってしまう危険性が大きいです。

立つ鳥跡を濁さずという言葉のとおり有給消化に躍起になって慌しい最終日を過ごすよりも、引継ぎ等きちんと済まし有給を綺麗に使い切って気持ちよく退職しましょう。

Uターン転職で後悔しないために!

都会や実家から離れて働いている人にとってUターン転職は、とても魅力的に見えるかもしれません。

特に、精神的なストレスを抱えた人は、慣れ親しんだ土地で仕事をすることによって精神的に楽になり、ストレスも軽減されることが多いようです。

今回は、そんなUターン転職のメリット・デメリットについてお伝えします。

Uターン転職のメリットについて

・良い環境の中で生活できる

Uターンで実家に住む人が圧倒的に多いと思いますが、やはり自分が生まれ育った家で生活するのはとても安心するものです。

親もいるし、幼い頃からの気の置ける友人もたくさんいるので、仕事のストレスも非常に発散しやすいのがUターンの良いところです。辛いことがあっても、近くに誰かがいる、家に1人ではないということはとても助けになります。

・快適な通勤環境

都会のように電車の通勤ラッシュはほとんどないですし、車社会が多いので自分の車で好きな音楽を聴いたり、コーヒーを飲みながら通勤、なんてこともできます。たとえ電車通勤でも、混雑はほとんどありません。

車があればどこへでも自由に行くことができるので、新たな趣味を見つける人が多いようです。

・支出が減る

実家に住めば、多少の生活費を支払ったとしても都会のように家賃に10万なんて高いお金がかかることはほとんどないでしょう。

そして比較的物価も安いので経済的に楽になります。車の維持費があったとしても、毎月の家賃に比べれば安くすみます。

どんなに都会のおしゃれな場所に住んでいたとしても、経済的余裕がなければ好きなこともできませんよね。Uターンでは、自分のやりたかったことが思う存分できます。

Uターン転職のデメリットについて

・給与が低め

都会に比べ物価が安いので仕方がないことかもしれませんが、給与は安めです。しかし、極端に安いということはないのでさほど心配する必要はありませんが、都会と同じ給与額を支給されることはほぼないと言ってよいでしょう。

選ぶ仕事によっては自分の生活スタイルを多少変える必要がありそうです。

・転職活動はすぐに成功しない

田舎にいけばいくほど会社が少ないのは明らかです。人口も都会に比べ少ないので競争率はさほど高くありませんが、それでも会社が少ない分、採用枠も少ないので、就職先が見つかるまで時間がかかるかもしれません。

・都会のような生活スタイルは望めない

日付が変わっても電車が動いていたり、夜中でも誰か必ず歩いていたりと、都会では当たり前のことが田舎では通用しません。

終電は早いし、夜中で歩く人なんてほとんどいないのが現状です。遊ぶことを目的としてしまうと、Uターン転職は非常に退屈なものになってしまいます。

都会での仕事を辞めたい気持ちだけでの田舎暮らしは難しい

さいごに

都会でも、 Uターンでも両方にメリットとデメリットがあります。これらのメリット、デメリットをきちんとリストアップして、これから先の自分が何を望むのか考えてみましょう。

安易な理由で転職先を決めてしまうのは失敗する原因にもなります。後悔しないためにも、じっくり時間をかけて決めてください。

 

焦るな!転職活動に失敗しないためには?

転職活動は決して簡単なものではありません。生活の大きな時間を占める仕事というのは、あなたの人生を大きく左右するものです。

だからこそ仕事選びは慎重にしたいものですが、必ずしも選んだ会社、内定が出た会社が自分に合うとも限らないのが現実。

少しでも自分の大切な人生の時間を有意義に過ごす為に転職を決意するわけですが、そこで失敗しないためにも今回は転職活動をする上で大切なことを3つお伝えします。

1.今の状況から逃げたい、だけでは転職活動は失敗する

なぜ転職したいのでしょうか?あなたはその理由をしっかり持っていますか?

もちろん、今の職場に少なからず不満もあることでしょう。しかし、ただ逃げたい「辞めたい」を理由に転職活動をしても絶対にうまくいきません。

なぜならそれはただの「逃げ」だからです。状況によっては辞めることも仕方のないことかもしれません。

しかし、今一度自分の置かれた状況を客観視して、本当に辞めるべきなのか、それともそこでもう少し踏ん張ってみるべきなのか、自分の仕事の仕方も振り返りながら確かめていきましょう。

結局、「逃げ」だけの転職は、新しい職場に移っても同じ理由でまた辞めたくなります。また、面接では必ず転職理由を聞かれます。

しっかりとした転職へのビジョンがないと内定をもらうことすら難しいでしょう。

2.自分の好きなこと苦手なことを把握する

自分に何ができるか考えたことはありますか?仕事をする上で、何をしているときが楽しくて、何をしているときがつまらないか自分でわかっているでしょうか。

仕事で自分自身が心から楽しめることは案外少ないものです。その中で困難を乗り越え、スキルを身につけていくからこそやりがいや新しい自分を発見できるのです。

毎日の積み重ね、地道な努力こそが仕事を自分のものにする方法です。転職活動をするのであれば、自分が好きな仕事は何か、また苦手なことが何なのかしっかり把握しましょう。

そして双方のバランスがとれた仕事を選ぶことがベストです。

3.雇用条件を必ず確認する

給与や福利厚生、残業代が出るかなどは、面接の際に必ず確認をしましょう。

自分がやりたい仕事ができれば給与や条件は関係ない、と思いがちですが条件こそ自分が働く上で大切なモチベーションを高めるもののひとつになります。

頑張れば頑張るほど給与が上がれば、精一杯働く気持ちにもなりますよね?条件についてはなかなか聞きにくいところもあります。

しかし、聞かないまま入社してしまって後々後悔するようではまた転職活動をする理由にもなりかねません。

自分にとって優先すべき条件は何なのか、今一度考えてみましょう。そしてそれらをリストアップしてみましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。転職活動は時間もかかりますし精神的にも非常に疲れます。

何となくの気持ちで始めると、ことごとく審査に落ち自分に自信をなくすきっかけにもなってしまいます。

事前の準備はしっかりして転職活動に挑んでください。

転職時の志望動機で知っておきたい3つのポイント

転職時に履歴書を書くとき、困りやすいポイントとして志望動機があげられます。特に転職時の場合には、退職が必ず伴いますので、志望動機の内容に困るという方は多いはずです。

しかし、志望動機は、企業側からしても合否の判断に大切な要素の一つです。だからこそ、難しくてもしっかりと考え、企業に自分をアピールできるものを書く必要があります。

自分をしっかり売り込むためにも、志望動機をしっかり書くための3つのポイントを確認してみてはいかがでしょうか。

1.リサーチ内容と志望動機を関連付ける

志望動機を書く内容のよくあるものとしては、社風や経営理念が自分の考えと一致したというものがあります。しかし、誰でも知っているような程度のリサーチでは、浅い志望動機だと見えてしまいます。

そんな志望動機にないためには、一体その企業のどこが自分と合っているのかをしっかりリサーチして関連付けることが重要です。

具体的には、ホームページをチェックするにしても扱っている商品の細かい部分までチェックしたり、会社四季報を見たり、業界情報誌を見たり、あまりほかの応募者が確認していないようなところまでチェックしましょう。

そして、それらの細かい情報と自分のキャリアやスキルと関連づけれは、自分だけの志望動機に近づくでしょう。

転職エージェントなら転職成功実績No.1のリクルートエージェント

2.志望動機の退職理由はプラス思考に変える

志望動機として退職理由を含めたいときには、ネガティブ要因は含めないほうが無難です。給与に不満があっただとか、人間関係の不満が原因だったとしても、そのまま書かないようにしましょう。

しかし、書きたいということもあると思います。そんなときは、できるだけポジティブな理由を見つけるか、そのネガティブな退職理由をポジティブ思考に変えて使いましょう。

例えば、給与の不満が問題だったならば、自分の能力に合った仕事を受けたい。人間関係の不満ならば、コミュニケーションを生かした仕事に携わりたいなど、ポジティブ思考に変えていきましょう。

そうすることで、内容は変わらなくても悪い印象を与えづらくすることができます。

3.いかせるキャリアやスキルを示す

転職時の履歴書では、自分のキャリアやスキルと企業で行う仕事がマッチしていることが大切です。そこがしっかり伝われば、戦力として認めてもらえ、採用へのプラス要因になるでしょう。

また、ただキャリアを示すだけでなく、どんな背景でそのキャリアやスキルを持ったのかや、これからのキャリアビジョンまで一緒に示せると、企業側からしても将来性を判断しやすくなります。

具体的にポイントを示すと、細かくリサーチし、志望動機と関連付ける。ネガティブな退職理由はポジティブ思考に変える。自分のキャリアが会社でいかせることを示す。このようなことが言えます。

企業で自分の能力の関連性を示す

志望動機は、履歴書の中でも書く自由度の高い部分です。だからこそ自分のアピールをしやすい部分でもあり、難しい部分でもあります。

そこで自分のキャリアと企業との関連性をしっかり持たせることができれば、企業側からしても欲しい人材だと思ってもらいやすくなるのではないでしょうか。