ベンチャー系に転職する主たるメリットとは

様々な会社の中には、ベンチャー系と呼ばれる所もあります。最近登場したばかりの会社などは、そのような表現が用いられる事も多いです。

規模は小さめな会社も多いですが、そこで働く事に魅力を感じる方々も、決して少なくありません。敢えて大手の企業から、ベンチャー系に転職を希望する方も見られるのです。

1.成長がとても早いメリット

ベンチャー系の特徴の1つとして、会社の成長速度があります。非常に早いスピードで成長している事が多いのですね。例えば大手企業の場合は、1年後には成長率が20%だとします。

ところがベンチャー系の場合は、成長率が40や80等とかなり高めな事も多いのですね。

2.会社の成長が望めない事への不満

ところで一部の会社では、なかなか成長が期待できないこともあります。理由は色々ですが、成長率が高止まりになったり、低迷をするケースも多々ある訳です。

そこで働く従業員としては、やはり会社に対して色々と不信感などを抱いてしまう傾向があります。

3.成長を目的に転職をする選択肢

成長が望めない会社でお勤めならば、前述のようなベンチャー系に転職をする選択肢もあるのです。

成長率がかなり高めなのですから、それだけ成長していける醍醐味なども感じる事ができるでしょう。現にそれで成功している方々も、沢山見られます。

4.出世に関わるメリット

またベンチャー系の会社の場合は、出世スピードに関わる特徴もあるのです。その会社に入った場合は、基本的にはかなりハイスピードで出世できる傾向があります。

他の会社では出世するまでに3年ほどを要するとしても、ベンチャーの場合は1年以内で達成できる事も珍しくありません。

5.大手企業では出世に時間がかかる

そして大手の会社の場合は、昇進するまでにかなりの時間を要する傾向があります。どれ位の時間になるかも会社によって色々ですが、ある程度大きめな所となると、10年以上を要することもあるのです。

それだけ多くの年数がかかるのは、少々困る方々も見られるでしょう。

6.スピード出世のためにベンチャーに転職

このため現在大手の会社で勤めていても、敢えてベンチャーに転職をする選択肢もあるのです。現在の勤め先では時間がかかってしまう可能性があるので、あえてベンチャーに転職をする方が正解な事も多いのですね。

あまり多くの時間がかかりそうならば、思い切って転職に踏み切ってみるのも良いでしょう。

7.入社タイミングには注意

ただしベンチャーに転職をするとなると、できるだけ早めに行動を起こす方が良い一面もあります。というのも余りのんびりしていると、ポストが埋まってしまう可能性もあるのですね。

もう数ヶ月早ければ出世が見込めたのに、入社をためらってしまった故に、出世のチャンスを逃してしまう事例も見られます。極力早めに面接を受けるのが望ましいでしょう。

【面接準備1】 企業研究をする – 転職サイトGreen(グリーン)

出世などの為にベンチャーへ転職

以上をまとめると、次のような点が言えるでしょう。

・ベンチャーは企業成長が早い
・出世スピードも早い
・早さを求めるならベンチャーへの転職がおすすめ
・転職タイミングには要注意

人によってはなかなか出世できずに、将来に対する不安を抱えている事もあります。会社の体制上、出世がなかなか難しいならば、思い切ってベンチャーに転職をする事を考えてみるのも良いでしょう。

それで成功している事例も沢山あるので、選択肢としては悪くありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です