焦るな!転職活動に失敗しないためには?

転職活動は決して簡単なものではありません。生活の大きな時間を占める仕事というのは、あなたの人生を大きく左右するものです。

だからこそ仕事選びは慎重にしたいものですが、必ずしも選んだ会社、内定が出た会社が自分に合うとも限らないのが現実。

少しでも自分の大切な人生の時間を有意義に過ごす為に転職を決意するわけですが、そこで失敗しないためにも今回は転職活動をする上で大切なことを3つお伝えします。

1.今の状況から逃げたい、だけでは転職活動は失敗する

なぜ転職したいのでしょうか?あなたはその理由をしっかり持っていますか?

もちろん、今の職場に少なからず不満もあることでしょう。しかし、ただ逃げたい「辞めたい」を理由に転職活動をしても絶対にうまくいきません。

なぜならそれはただの「逃げ」だからです。状況によっては辞めることも仕方のないことかもしれません。

しかし、今一度自分の置かれた状況を客観視して、本当に辞めるべきなのか、それともそこでもう少し踏ん張ってみるべきなのか、自分の仕事の仕方も振り返りながら確かめていきましょう。

結局、「逃げ」だけの転職は、新しい職場に移っても同じ理由でまた辞めたくなります。また、面接では必ず転職理由を聞かれます。

しっかりとした転職へのビジョンがないと内定をもらうことすら難しいでしょう。

2.自分の好きなこと苦手なことを把握する

自分に何ができるか考えたことはありますか?仕事をする上で、何をしているときが楽しくて、何をしているときがつまらないか自分でわかっているでしょうか。

仕事で自分自身が心から楽しめることは案外少ないものです。その中で困難を乗り越え、スキルを身につけていくからこそやりがいや新しい自分を発見できるのです。

毎日の積み重ね、地道な努力こそが仕事を自分のものにする方法です。転職活動をするのであれば、自分が好きな仕事は何か、また苦手なことが何なのかしっかり把握しましょう。

そして双方のバランスがとれた仕事を選ぶことがベストです。

3.雇用条件を必ず確認する

給与や福利厚生、残業代が出るかなどは、面接の際に必ず確認をしましょう。

自分がやりたい仕事ができれば給与や条件は関係ない、と思いがちですが条件こそ自分が働く上で大切なモチベーションを高めるもののひとつになります。

頑張れば頑張るほど給与が上がれば、精一杯働く気持ちにもなりますよね?条件についてはなかなか聞きにくいところもあります。

しかし、聞かないまま入社してしまって後々後悔するようではまた転職活動をする理由にもなりかねません。

自分にとって優先すべき条件は何なのか、今一度考えてみましょう。そしてそれらをリストアップしてみましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。転職活動は時間もかかりますし精神的にも非常に疲れます。

何となくの気持ちで始めると、ことごとく審査に落ち自分に自信をなくすきっかけにもなってしまいます。

事前の準備はしっかりして転職活動に挑んでください。

転職時の志望動機で知っておきたい3つのポイント

転職時に履歴書を書くとき、困りやすいポイントとして志望動機があげられます。特に転職時の場合には、退職が必ず伴いますので、志望動機の内容に困るという方は多いはずです。

しかし、志望動機は、企業側からしても合否の判断に大切な要素の一つです。だからこそ、難しくてもしっかりと考え、企業に自分をアピールできるものを書く必要があります。

自分をしっかり売り込むためにも、志望動機をしっかり書くための3つのポイントを確認してみてはいかがでしょうか。

1.リサーチ内容と志望動機を関連付ける

志望動機を書く内容のよくあるものとしては、社風や経営理念が自分の考えと一致したというものがあります。しかし、誰でも知っているような程度のリサーチでは、浅い志望動機だと見えてしまいます。

そんな志望動機にないためには、一体その企業のどこが自分と合っているのかをしっかりリサーチして関連付けることが重要です。

具体的には、ホームページをチェックするにしても扱っている商品の細かい部分までチェックしたり、会社四季報を見たり、業界情報誌を見たり、あまりほかの応募者が確認していないようなところまでチェックしましょう。

そして、それらの細かい情報と自分のキャリアやスキルと関連づけれは、自分だけの志望動機に近づくでしょう。

転職エージェントなら転職成功実績No.1のリクルートエージェント

2.志望動機の退職理由はプラス思考に変える

志望動機として退職理由を含めたいときには、ネガティブ要因は含めないほうが無難です。給与に不満があっただとか、人間関係の不満が原因だったとしても、そのまま書かないようにしましょう。

しかし、書きたいということもあると思います。そんなときは、できるだけポジティブな理由を見つけるか、そのネガティブな退職理由をポジティブ思考に変えて使いましょう。

例えば、給与の不満が問題だったならば、自分の能力に合った仕事を受けたい。人間関係の不満ならば、コミュニケーションを生かした仕事に携わりたいなど、ポジティブ思考に変えていきましょう。

そうすることで、内容は変わらなくても悪い印象を与えづらくすることができます。

3.いかせるキャリアやスキルを示す

転職時の履歴書では、自分のキャリアやスキルと企業で行う仕事がマッチしていることが大切です。そこがしっかり伝われば、戦力として認めてもらえ、採用へのプラス要因になるでしょう。

また、ただキャリアを示すだけでなく、どんな背景でそのキャリアやスキルを持ったのかや、これからのキャリアビジョンまで一緒に示せると、企業側からしても将来性を判断しやすくなります。

具体的にポイントを示すと、細かくリサーチし、志望動機と関連付ける。ネガティブな退職理由はポジティブ思考に変える。自分のキャリアが会社でいかせることを示す。このようなことが言えます。

企業で自分の能力の関連性を示す

志望動機は、履歴書の中でも書く自由度の高い部分です。だからこそ自分のアピールをしやすい部分でもあり、難しい部分でもあります。

そこで自分のキャリアと企業との関連性をしっかり持たせることができれば、企業側からしても欲しい人材だと思ってもらいやすくなるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です