転職のメリットと残業の問題点に関わる解決

会社でお勤めの方々の中には、勤務日数などに関する不満を抱えている方も見られます。ここ最近増加しているのは、残業に関わる不満点です。会社によっては、かなり多くの残業を余儀なくされる事もあるのですね。

もしくは、料金に関する不満なども見られます。それを解消する為に、転職をする選択肢も浮上する訳です。

1.超過勤務に対する割増

そもそも現在の日本では、労働に関する様々な決まりがあるでしょう。1日にある一定以上を超えて働いた場合は、雇い主としては割り増しの料金を支払う事になります。

現在の日本のルールでは、それは8時間ですね。したがって1日に9時間の労働を課せられた時には、実質的には1時間分の残業代を支払う必要があるのです。

そして、その分の賃金は割増料金となります。通常時給よりも、25%ほど高めに設定しなければなりません。いわゆる残業代ですね。

2.残業代を払わない会社も

ところが一部の会社では、そのルール違反を行っている事があります。資金体力などに問題がある会社の場合は、25%増しにしていない事もあるのです。上手く法律の抜け穴などを活用して、規定通りの残業代を支払っていない会社も見られます。

3.残業時間が長すぎる会社

また世間には様々な会社があるもので、中にはかなり残業が多い所も見られます。1ヶ月に80時間を超過する会社などは、かなり多い方と言えるでしょう。

しかし現実のデータを見てみると、それよりも遥かに多い時間の残業が生じているケースも意外と多いです。

4.残業によってストレスを抱えてしまう

そして大変なのは、その過酷な残業を課せられている方々ですね。そのような会社で勤務する従業員としては、やはり多くのストレスも蓄積してしまいます。

健康上の問題なども生じる可能性もあるのです。さらに残業代が支払われないとなると、それはまた問題です。

5.残業ゼロの所で働く

ところで数ある会社の中には、残業ゼロというルールを設定している所もあるのですね。あまり多くの残業を課すのは望ましくないとの考えの会社もあるのですが、上述のような問題を抱えている方々としては、そのような会社に転職をするのも一法なのですね。

今まで多くの残業を課せられていた方が、残業ゼロの所に転職をした結果、随分と毎日が充実するようになっている事例も見られます。

プライベートの時間が今までよりも増えた方々も、かなり多いですね。働き過ぎだと感じている時には、思い切って転職を検討してみるのも一法です。

もちろん残業代が支給されないなら、きちんとそれを支給してくれる会社に転職をするのも良いでしょう。他の会社で勤める事によって、超過勤務の問題点が解決される事は、意外と多いのです。

超過勤務の問題を転職で解決

以上をまとめると、

・割増料金が支払われない会社もある
・超過労働が多すぎる会社も
・残業ゼロの会社も中にはある
・ゼロの会社に転職をする選択肢がある

このような事が言えるでしょう。何せあまり多くの残業が生じれば、やはり健康被害なども心配ですね。残業代が支払われないのも、やはり大問題と言えます。労働時間に関する不満があるなら、思い切って転職をするのも賢明と言えるでしょう。

24時まで残業でも遅刻はNG? – 求人&転職 – Goo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です