転職を1年で考える場合のメリット・デメリットとは?

とりあえず入社した会社で1年働いてみたけど、社風が合わなかったり待遇に不満があったりで転職を考えている…。

決して短すぎる期間では無いし、1年も働けば採用してくれた会社への義理も立つでしょうと思い、次へのステップを考える人は多いものです。今回は1年で転職を考える際のメリット・デメリットについて考えてみましょう。

1.1年で転職する場合のメリット

職場が長続きするタイプの人であるならば、1年で転職を考えて合わない環境や微妙な待遇の職場をさっさと見切り、もっと良い職場を探して長年働いた方が時間の無駄にならなくて良いのがメリットと言えるでしょう。

ブラック企業や環境が悪い会社で人生の貴重な時間を無駄にしなくて済む事もあります。

その上現在の職場でボーナスがほとんど無かったり給料が安い場合、いつまでもそこにいたとしても将来的にメリットはあまり無いですし、その位ならば高待遇の職場に転職した方が後々裕福に暮らせる事もあります。

1年と言う区切りは決して長く働いたとみなされる事はありませんが、自分の年齢次第ではさっさと動いた方が良い場合もありますので、職を転々とするタイプで無いのならば良い職場に巡り合う為のステップアップとしての転職は悪くないでしょう。

2.1年で転職する場合のデメリット

1年働いて転職する場合のデメリットとしては、やはり職歴が短いという事がネックになる場合があるという事です。

転職した結果次の職場で3~5年以上働ければ良いですが、そうでない場合には短期で転職を繰り返している人と見られてしまう場合がありますので要注意です。

また、1年働いた程度で出来る貯蓄は本人の年収具合で限られていますから、無職期間を乗り切るための貯金がしっかり出来ていないと後々苦しむ羽目になるかもしれません。

3.会社に在籍中に就職活動が望ましい

1年で会社を辞めると職歴が短いと思われる事も多いですから、出来るだけ在籍期間を延ばしたいものです。

転職するための就職活動は時間がかかる事も多いですから、1年経った時点で転職を考える場合、会社に辞めると伝える前に在籍している最中に職安で求人のリサーチを始め、働きたいと思える求人が沢山出てきているなと思った時に会社に辞める意思を伝えるのが良いでしょう。

1年で転職を考えている際にスムーズに就職活動する為には、

・会社に辞めると伝える前に次の候補となる求人を探しておく
・職業安定所で良い求人が多いと感じた時期に辞める
・在職期間中に就職活動する事で少しでも職歴の期間を延ばす

こういったことをすると良いでしょう。

転職エージェントのヒューマンタッチ キャリアエージェント

今後の事を考えると…

転職を1年で考える場合、働く方は1年も我慢して働いたという気持ちですが、人事担当者で頭の固い人には職歴が短いと思われる場合もあります。

数か月で辞めた場合よりもダメージは少ないですが、今後の就職活動でネックになる場合もありますからよくよく辞める時期を考えて行動すると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です