0歳児を抱えながらの転職は職場の理解がある所を選ぼう

0歳児を抱えながらの転職は、まだまだ子持ちの女性が働く事に理解が得られない日本の社会では難しい事も多いです。ですがシングルマザーなどが増えている背景から、子持ちの女性に理解がある就職先も増えてきています。

今回は0歳児を抱えて就職する際に気を付けなければならない事と、子持ちで働く事に理解がある職場の選び方についてまとめてみました。

1.0歳児など小さい子供がいる場合の転職

最近は妊婦に対するマタハラなどが問題になっていますが、0歳児などの小さい子供を抱えている母親の社会進出を阻む風潮も未だに根強く残っています。

当然0歳児を抱えている中で転職する際にも、就職活動をしているうちに赤ん坊がいる女性はちょっと…と断られる事も出てくるでしょう。保育園に子供を預けて働く場合でも、子供が熱を出したりなどで突発的に休む事もあるかもしれません。

そういった不慮の事態の時に職場にあまり影響しないようにどう対処するかをあらかじめ決めておく事が重要です。

2.小さい子持ちに理解がある職場とは?

求人を見た時に、小さい子供がいる女性歓迎と書かれている場合には、同じような状況で働いている女性が多い職場であると推測できます。そういう女性たちがお互いの用事の時に助け合い、フォローし合って仕事をしている職場であると推測できます。

また、24時間稼働しているような工場の場合、夜間は旦那さんに赤ちゃんの面倒を見てもらい、数時間だけパートに出ているというお母さんたちも多く見られます。

こういった工場ではあまり子持ちがハンデになる事も無く、雇ってもらいやすい会社もかなりあります。子供がよく熱を出すけれど仕事は休みたくないという場合には、面倒見てくれる人がいるなら時給の良い夜間に短時間で効率よく稼ぐという手もあります。

最新版・ワーキングマザーを支援するサービス【ユニーク編】 – とらばーゆ

3.周囲がフォローしてくれるのが当たり前だと思わない事

世の中には心の狭い人がいるもので、妊婦だからって甘えるなと重い荷物を運ばせたり、子供が熱を出して突発的に有給を使って休んだだけで嫌味を言う想像力と配慮足りない人もいたりします。

その一方で、子供を理由にして嫌な仕事の時だけ休みをもらったり仕事を断ったりなど、子持ちをうまく利用しているずるい人も存在します。子持ちの就職活動を妨げているのはこういう人たちが一定数いるからなのです。

0歳児などの小さい子供を持っている母親が働くのはとても大変な事で、仕事と育児を両立しているのはとてもすごい事です。しかし、その陰では職場の人があなたが気付かないだけで仕事のフォローに回り、大変な思いをしている場合もあるのです。

時々スーパーなどでベビーカーを猛スピードで押しながら反対側を歩いている人に避けろと言わんばかりに減速もせず突っ込んでくる人がいますが、こういったずうずうしい人のように周囲がフォローしてくれるのが当たり前・仕方ない事だと思わないようにしたいものです。

転職先で0歳児を抱えながら働く場合

・フォローしてもらった事に気付いたらありがとうという感謝をしっかり伝える
・自分が出来る限りで相手のフォローもしてあげる
・嫌な仕事の時ばかり休むなど、自分の都合で子供をダシに使わない

…といった事が重要です。これを心がけるだけで随分と周囲の反応も変わってくる事があるでしょう。

子育てと仕事の両立の難しさ

保育所などに預けて働く場合でも、0歳児を抱えての就職はどうしても子供が熱を出すなど、不慮の事態は避けられません。その際でも職場の人へは感謝をわかりやすく伝えておくなど、日頃からの根回しが大切です。

そうすれば転職先でも周囲からの理解を得られやすくなり、お互い持ちつ持たれつの関係を築き上げる事が出来るかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です