Uターン転職で後悔しないために!

都会や実家から離れて働いている人にとってUターン転職は、とても魅力的に見えるかもしれません。

特に、精神的なストレスを抱えた人は、慣れ親しんだ土地で仕事をすることによって精神的に楽になり、ストレスも軽減されることが多いようです。

今回は、そんなUターン転職のメリット・デメリットについてお伝えします。

Uターン転職のメリットについて

・良い環境の中で生活できる

Uターンで実家に住む人が圧倒的に多いと思いますが、やはり自分が生まれ育った家で生活するのはとても安心するものです。

親もいるし、幼い頃からの気の置ける友人もたくさんいるので、仕事のストレスも非常に発散しやすいのがUターンの良いところです。辛いことがあっても、近くに誰かがいる、家に1人ではないということはとても助けになります。

・快適な通勤環境

都会のように電車の通勤ラッシュはほとんどないですし、車社会が多いので自分の車で好きな音楽を聴いたり、コーヒーを飲みながら通勤、なんてこともできます。たとえ電車通勤でも、混雑はほとんどありません。

車があればどこへでも自由に行くことができるので、新たな趣味を見つける人が多いようです。

・支出が減る

実家に住めば、多少の生活費を支払ったとしても都会のように家賃に10万なんて高いお金がかかることはほとんどないでしょう。

そして比較的物価も安いので経済的に楽になります。車の維持費があったとしても、毎月の家賃に比べれば安くすみます。

どんなに都会のおしゃれな場所に住んでいたとしても、経済的余裕がなければ好きなこともできませんよね。Uターンでは、自分のやりたかったことが思う存分できます。

Uターン転職のデメリットについて

・給与が低め

都会に比べ物価が安いので仕方がないことかもしれませんが、給与は安めです。しかし、極端に安いということはないのでさほど心配する必要はありませんが、都会と同じ給与額を支給されることはほぼないと言ってよいでしょう。

選ぶ仕事によっては自分の生活スタイルを多少変える必要がありそうです。

・転職活動はすぐに成功しない

田舎にいけばいくほど会社が少ないのは明らかです。人口も都会に比べ少ないので競争率はさほど高くありませんが、それでも会社が少ない分、採用枠も少ないので、就職先が見つかるまで時間がかかるかもしれません。

・都会のような生活スタイルは望めない

日付が変わっても電車が動いていたり、夜中でも誰か必ず歩いていたりと、都会では当たり前のことが田舎では通用しません。

終電は早いし、夜中で歩く人なんてほとんどいないのが現状です。遊ぶことを目的としてしまうと、Uターン転職は非常に退屈なものになってしまいます。

都会での仕事を辞めたい気持ちだけでの田舎暮らしは難しい

さいごに

都会でも、 Uターンでも両方にメリットとデメリットがあります。これらのメリット、デメリットをきちんとリストアップして、これから先の自分が何を望むのか考えてみましょう。

安易な理由で転職先を決めてしまうのは失敗する原因にもなります。後悔しないためにも、じっくり時間をかけて決めてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です